カラダにやさしい、ごちそう処 野草庵 おばあちゃん家

131年前から現存する建物を岐阜県飛騨市より、曽木の滝公園に移築しました。外観・内観ともに古民家の雰囲気を体験することができる貴重な建物です。
㈱やさしいまちが伊佐市、さつま町と共に力を入れて取り組んでいる「カラダにやさしい」野草の薬草料理やドリンク、スイーツなど独自のメニューでおもてなしします。

1階 テーブル席:32席
2階 テーブル席:48席
ガーデン テーブル席:96席

おばあちゃん家

営業時間

10:00~19:00
※季節により変更させていただく場合がございます。
※19時迄に入店して頂くか、電話でご予約頂けましたら19時以降でも営業致します。

お問合せ

TEL:0995-28-2808

古民家移築プロジェクト

曽木の滝公園内に野草薬草館を運営している「株式会社やさしいまち」は、「カラダ(心身)にやさしい」をテーマとして、伊佐市やさつま町の豊富な資源である野草に目を付け、野草薬草事業に取り組んでいます。

 

その中で、薬草を地域資源として生かし、市民の健康づくりを目的としたまちづくりに取り組んでいる岐阜県飛騨市と2017年6月より交流が始まりました。

交流を進める中で、飛騨市内には歴史的にも貴重な合掌造りの建物が空き家になっている状況を知り、伊佐市に移築できる建物は無いかと探していました。

100件近い物件の中で最後に行ったのが、今回曽木の滝公園に移築した「旧河戸邸」です。

 

旧河戸邸は、岐阜県北部の飛騨、旧上宝村本郷に明治22年創建され、築130年以上になります。旧上宝村は岐阜県でも有数の豪雪地帯であり、冬季間には2mを優に超える積雪量の地域です。それ故に使用される木材も雪の重みに耐えるよう骨太のものを多用しています。

古民家の魅力、美しさは、環境に裏打ちされた形態と機能美にあると言っても過言ではありません。

 

この古民家も豪雪地域に多く用いられる差し鴨居、差し敷居がみられます。差し鴨居には水平方向の力に強く、軸組の変形を防ぐ働きがあり、真壁構造の軸組を更に強固にしています。丁寧に手鉋をかけ、当然柱への差し込み仕口はほぞを通して込栓打ちで止めてあります。またこれらは構造面だけではなく造形的にも変化をつけることができ、古民家建築の一つの魅力にもなっています。

2階の大空間には丸太をそのまま使い、手斧仕上げで丸太に面を施してあり、梁間方向に延びる牛丸太は圧巻です。

外観に目を向けると、創建時には梁間方向、軒先方向ともに軒の出が1間余りあり壮大な感じを醸し出していましたが、今回の移築に際しては1m余りに留めました。その理由としては自然環境の違いです。飛騨では雪に対しての認識はありますが、風に対する認識が全くありません。九州地方は毎年、台風の脅威に晒されていることを考慮し決定したものです。

当主ご夫婦は移築前に曽木の滝公園を訪れ、ご自分の住んでいた家がこの地に立つことを確認されました。その時に、こんな素晴らしい場所に自分たちの家が建つことに感激し、涙を流されていました。

お品書き

※価格は全て税抜きです。
自然の野草薬草を使用しているため、季節や天候により内容が変更になります。

  • おばあちゃんのおもてなし 野草膳(二之膳付)
    1,880円
    鍋物・小鉢・釜めし・温泉卵・しそジュース

  • 野草天ぷらづくし 稲庭うどん(温or冷)
    1,000円
    うどん・天ぷら・小鉢・しそジュース

  • おばあちゃんのおすすめ まごころ膳
    1,200円
    茶そば・うこん飯・煮しめ・小鉢・温泉卵・しそジュース・デザート

  • 子を思う母の祈り 薬膳煮
    880円

  • 若返る、美しくなる 美活膳
    1,200円
    野草ぎょうざ・茶そば・うこん飯・煮しめ・温泉卵・甘酒

    九州大学・長崎国際大学名誉教授 薬学博士 正山征洋 監修

  • 野草ぎょうざ
    2人前 700円

  • 野草ぎょうざ
    1人前 350円

  • 日替わり薬膳粥 おかゆさん
    1,000円
    お粥・野草の天ぷら・小鉢・しそジュース

    九州大学・長崎国際大学名誉教授 薬学博士 正山征洋 監修

  • 世界一やさしい天ぷら 母子草
    2〜3人前 1,000円

  • 野草の恵み 野草カレー
    1,200円
    カレー(うこん飯)・サラダ・温泉卵・薬草パウダー・しそジュース

    山下智道(ハーブ王子)監修

  • おはぎちゃん
    500円

  • カラダにやさしい 薬膳ジンジャーエール
    300円

  • カラダにやさしい 薬膳コーラ
    300円